名称未設定-1.jpg名称未設定-1.jpgAtelier-9108.jpgAtelier-9108.jpg66.jpg66.jpg

<link rel="alternate" href="http://blog.atelier-katsumi.com/feed/" type="application/rss+xml" title="rss2.0" />


  • 細工と加飾。
    石膏型を使い皿の強度を増す。
    石膏の型と半乾きの生地。
    …生地を石膏型に伏せ、叩く作業をする。
    生地の収縮率を石膏型大にあわせ轆轤で挽いておく。
    ちなみにこの時。生地の皿は削りタイミングより「気持ち」柔らか。

    ■型打ち
    まずは片栗粉を振り、
    離型に備える。

    型に伏せ、

    槌で叩き締める。

    この後底面ならし、側面等の叩き&ならし。・・・底面は水平でないとゆがみが生ずるので注意。
    ~削りタイミングまで寝かしと削り。
    ■加飾

    型打ち終わり、削りも終わり。リム部の加飾に入ります。
    おなじみ、化粧土。
    イメージへ効きよくするに生地リム部には引っかき傷をつけておく。

    底面の化粧打ち。

    食材の「色」を映えさせるに、
    かすかな景色を作ります。
    焼きをイメージしながら。。
    決めすぎないのがポイント。
    リム部への化粧。

    視線と光を食材へ導くための引き立てだ。
    これで出来上がり。
    「舞台ができた。」という感じだ。…釉薬掛け、窯焼きで仕上がりとなる。