2.jpg2.jpg

<link rel="alternate" href="http://blog.atelier-katsumi.com/feed/" type="application/rss+xml" title="rss2.0" />

RENDEZ-VOUS

「心あたたまる時間」ぬくもりのうつわ3人展
2017.9.29(金)~10.10(火) 10;00〜18;00(最終日17;00)水木休廊
桑原哲夫(粉引)、井銅心平(三島手、刷毛目)、町村勝己(黒陶) 同時開催「真綿をまとうショール 本場結城紬 奥順」

▶︎一草庵 〒444-0008 愛知県 岡崎市洞町東前田10-3 TEL0564-26-4851
▶︎当アナウンス記事はこちら


  • 今回は頂き物の落花で釉薬になる灰をつくります。
    灰は灰汁抜きを経て釉薬になります。

    これは落花生の殻。マメ科植物の灰はきれいな色に焼きあがる。

    今回はコンテナー一杯。これで茶碗一杯の釉薬になる。

    まずは植木鉢に炭を置き、トーチで火をおこす。

    次に波板などのスチール材板をまるめ、針金でとめる。

    おきた炭を置き、かぶせるように先ほどの
    煙突を置くことにする。

    煙突の合わせ目に隙間を作る。

    後にここが吸気する隙間になる。
    ここからはPhoto.





    横からの吸気は炎に渦を起こし、
    火がたちやすくよく焼ける。

    「おき」の出来具合に応じ隙間を上に移動するとよい。
    下からの吸気も忘れずに。

    出来たのがこの灰。