2.jpg2.jpg

<link rel="alternate" href="http://blog.atelier-katsumi.com/feed/" type="application/rss+xml" title="rss2.0" />

  • もの作る想う時、土との距離感は
    離れている時と密な作業時、そう変わりはない。

    日常にどれだけ入り込んでいるのか
    という話でもあるのかもしれない。

    一つ一つ想いに寄り添うその距離感で
    作品と自分に深く深くアプローチできる。

    轆轤作業では違う。
    一つ一つに想い馳せるという事だけではなく
    ライブ感をもという調味加わる一つとなる。

    100あったら100のストーリー。そんな一つでありたい。
    ものを作る想う時は感ずるすべてが美しい。

    添付のムービーは作業時の轆轤。
    数と速度のタガ外した結果今のスタイルとリズムとなった。