名称未設定-1.jpg名称未設定-1.jpg

<link rel="alternate" href="http://blog.atelier-katsumi.com/feed/" type="application/rss+xml" title="rss2.0" />

  • プリンター増設。
    色空間特徴を用紙を変えそれら個性を見極める。

    実物作品との発色ギャップ。
    モニターとのギャップ、プリンターによるインクギャップ。
    ポートフォリオやPRでキーとなってくるこのプリンター話。

    土の暗い色相発色。色を再現しきれない。質感をも潰しかねない。
    プリンター発色は悩ましいと言う話。・・・このことはおいおい。

    さて
    ここのところ続く海外からの多くのオーダー。
    ピックアップされ問い合わせられる作品色や質感の表現で思う。

    広まっている作品は海外サイトでブログに紐つけられ取り上げられている。
    また、大変ありがたいことに声いただける方々はコアなファンの方々多くブログへ深く潜り、
    興味持ちピックアップして頂けている。

    知る機会はモニターという仮想色空間であるにも関わらず。
    それらの多くの写真で質感と発色への認識が作品への信用となっているようだ。

    提供と判断する色空間が異なるということで
    理解されているのだろうかといつも思うWeb色空間。

    色や質感、大きさを理解して頂けるよう分かりやすいよう歩み寄る。
    わかる人だけわかれば良いと裸の王様にはなりたくないものだとも思う。

    撮影の好みがこの分かり易さを振り回すようだが。
    媚びることなく良いと思うところを分かりやすく伝えられたらと思う。