名称未設定-1.jpg名称未設定-1.jpg

<link rel="alternate" href="http://blog.atelier-katsumi.com/feed/" type="application/rss+xml" title="rss2.0" />

  • 龍頭寺 藤
    仰ぎ見る藤棚は香り満ち、訪れた時には散り始めだった。

    龍頭寺伝説。
    遠い昔、天平二年(730)、
    この地方は、ひどい日照りが続いて作物が取れず、
    悪い病気が流行して人々は大変苦しんでいた。
    釈明上人は、天皇の命を受けて、
    印旛沼の龍神に雨乞いをした。

    大雨の降ること七日間、最後の日、血の雨を降らせて、
    龍の体が三つに裂かれ、地に落ちた。
    龍の頭は、埴生の龍角寺、
    尾は、大寺の龍尾寺に落ち、
    胴の一部は、この木積龍頭寺に落ちたという。

    龍の骨を庭の池の中の島に埋めて、
    龍神を祀った。
    また、寺宝として伝えられる玉は、
    その時落ちてきた龍の玉だと伝えられる。