名称未設定-1.jpg名称未設定-1.jpgAtelier-9108.jpgAtelier-9108.jpgAtelier-9026.jpgAtelier-9026.jpg

<link rel="alternate" href="http://blog.atelier-katsumi.com/feed/" type="application/rss+xml" title="rss2.0" />

  • これはあらゆるゲージを作家は備えている。というはなし。
    最重要事項は作品イメージの具現。

    目標達成温度は1280度SK9完倒。
    900℃から還元焼成温度ピッチは毎時30℃から40℃。

    炉内温度と物体カロリー差がこの様事象。

    炉内上下カロリー異なるためそれぞれへゼーゲルコーン置き
    判断と追込みをしている。

    作品種、気圧、季節、気温を前提に昇温考え
    序章から最終章までのストーリー組み立て。

    窯詰めは雰囲気振り考え加減するが焼きはライブ。
    組み立てはそうだが何起こるかは毎回異なる。

    その度毎の決断の蓄積が焼きデータ。
    ひとつひとつ丁寧にことをすすめる。できる事は限られる。
    よりどころは神となる。