2.jpg2.jpg

<link rel="alternate" href="http://blog.atelier-katsumi.com/feed/" type="application/rss+xml" title="rss2.0" />

  • _mg_7271

    ムライトのダンパーにクラックを確認。
    カーボランダム棚板2枚を代替えに擦り合わせ。

  • _mg_7272

    今回は日食なつこ。

  • _mg_7269
    10年前製の出てきたピース。
    感覚を蓄積する地味な作業が必ずの力。

  • _mg_7265

    棚板メンテナンス。
    棚板についた顔料や釉薬。イモ槌で箇所の周りを浅い角度で叩き剥がす。

    _mg_7267

    盛る様、アルミナコーティングを塗布。
    乾燥させ定規でこそぐ。

    _mg_7268

    素焼き用詰め。無理せず翌日点火と行こう。

    時間を作りながら進むと視野が広くなる
    切り替えや今まで気付かなかった間合いが気持ち良く思う。

  • _mg_7258

    台皿加飾。
    狙いは光の乱反射。
    使用する際の土肌に寄り添いマチエールを仕掛ける。

    土には皆それぞれに個性がある。
    表面の観察でなく感ずる。
    ・・・そう。深く深くダイブする。

    _mg_7256

  • _mg_7260

    新作碗。角ある器は影が綺麗だ。

  • _mg_7262
    だんご。
    これはアルミナまぶした道具土。
    気分転換に作品乾燥させながら窯棚板の水平を再セッテイング。
    サイコロツクと棚板の間。

    _mg_7263

    _mg_7264
    炉内に棚を組み乾燥。
    少時間炎を立ち上げ、レンガに蓄熱させ熱源ストップさせれば
    乾燥機となるだろうという作戦。

  • _mg_7250

    葉蘭と気が合う感じがし追加発注。植物に支えられるという話。