名称未設定-1.jpg名称未設定-1.jpgAtelier-9108.jpgAtelier-9108.jpgAtelier-9026.jpgAtelier-9026.jpg

<link rel="alternate" href="http://blog.atelier-katsumi.com/feed/" type="application/rss+xml" title="rss2.0" />


  • これは口付柄杓。
    銅の加工品で釉薬をかける時に使う。口先はその素材ゆえ変形しやすい要。

    どうにか焼き出来る。

  • 佐原散策へと。

  • ここは二本松寺 あじさいの杜。
    40000㎡の境内に100種類10000株のあじさいが咲く。

    本尊は秘仏薬師如来。

  • 轆轤では表現しきれない面のたわみと歪み。
    着地したい点によりそのプロセスをも変えてみる。

    揺れる輪郭を得るためだけの話。

    作りでは荒く形を立ち上げ養生。接着の水分を全体へ回し、
    翌日仕上げ作業をする。


  • ここは日本寺。紫陽花寺。

  • 梅干しを仕掛ける。
    先の梅酒用残りを追熟し梅干しに。まずは塩。


  • スープパスタのオーダー品

  • 形が見えてきた2合。
    このサイズ感は新鮮だ。使いやすそうだ。

  • もう一度このステージに帰ってみよう。