名称未設定-1.jpg名称未設定-1.jpgAtelier-9108.jpgAtelier-9108.jpg66.jpg66.jpg

  • これからどうなるかだなんて誰にも分からない。
    ただ事実はここにある。
    ここから始まった事。思った数々。失敗や悩み。
    うまく行った事そうでない事。
    すべてを知る工房。そして埋もれる僕。
    幼いときから作る事が好きだった。
    絵を描く事が好きだった。
    そして今土が好き。どんどん好きになる。
    僕はこの事実を握りしめる。
    そうであり続けようと強く思う。
    CIMG0081.jpg
    CIMG0082.jpg

  • CIMG0006_8_2.jpg
    ここからだ。
    CIMG0007_8.jpg

  • 2010666.jpg
     
    2010665.jpg

  • 2010659.jpg
    2010660.jpg

  • からからに乾燥させた削り土。
    これを再生してゆく。
    今回はこれら2パターン。
    水をひたひたにして2月程。上水を切り、よく撹拌した物がこれ。
    好ましい受ける器は水分をとる素焼き鉢や、石膏物。
    今回は100円均一ショップのたらい。
    均一にじわじわを求めるにシーツ等の綿生地(化繊は粘土のアルカリ分で腐食する)
    をその器に掛け、このなかにドロドロの土をこぼし入れる。
    CIMG0002.jpg
    その1
    茶巾状に干すもよし。
    この状態で表面が乾いては布を引きながら混ぜこねる。
    長期戦だが乾きをコントロールし易い。
    CIMG0003.jpg
    その2
    即乾するにはこの方法。
    大きく広げる。したはコンクリート。
    水分を大きな面で強制取る。
    CIMG0004.jpg

  • 作る手順を読むに四苦八苦。
    一日でこれだけとはこれおそまつ。
    _| ̄|○
    CIMG0068.jpg
    残された玉。
    CIMG0070.jpg
    先日のソーサーを棚より落とし破損。
    はぁ。なこの頃。な本日。