名称未設定-1.jpg名称未設定-1.jpg

<link rel="alternate" href="http://blog.atelier-katsumi.com/feed/" type="application/rss+xml" title="rss2.0" />

  • これは世に一つしかない品。

    ここに湯を張る。額を受け顔を蒸す。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    思いつきにぼくの顔が浮かんだそうだ。
    ここはこうで。。とジェスチャーを加えながらの説明。
    ・・・頼んだ相手が悪かった。遊ばせていただきます。

  • 削り土を即席に再生。

    水をまわす。そば打ちの要領だ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    この状態でねかす。

    即席につき粘りは乏しい。

  • 薫陶受ける花の師。
    時間が出来る事に少し心暖かくなった。
    個展の作品構成をシフトするに練り直し。
    作品展。
    地域性やその土地での暮らし・・・居住空間がどうあるか。
    これらによって作品のアイテムや数を変えるのは当たり前の事、
    時によって、「どう見せるか」の柔軟さを求められる。
    さて、今回は「分かり易さ」「伝わり易さ」を引き連れなければならない。
    お互いがお互いを育てる。その一歩。
    花の息吹が加わる。
    「師」と休まる時間を過ごせるのはうれしい事だ。

  • 新しい型使い、形を作る下準備。

  • 鉢に加飾する。

    メモ用紙に

    ペトペトと。

    鋸刃タッチ付け後貼付け

    そっとはがす。

    盛り映えする鉢の出来上がり。