名称未設定-1.jpg名称未設定-1.jpg

<link rel="alternate" href="http://blog.atelier-katsumi.com/feed/" type="application/rss+xml" title="rss2.0" />


  • 出来た。

  • 桜草をいただいた。


  • セレンを含有する「赤系絵具」
    の医薬用外毒物の対象になり、
    また、釉薬原料も指定された。
    粉末状の「吸引」にはご注意を。
    「セレン系絵具」
    製造の過程で高温にて焼成され、ガラス化して毒性を保護させており、
    「特例」として扱いを認められていたが、今回この特例の適用が除外された。
    「毒劇物譲渡書」、「印鑑」、「ID」のご提示が必要となる。
    → セレンについて

    ※セレンは鮮やかさを指す色味。
    銅。他、陶芸にはいくつもの「毒劇物」が存在する、
    また、してきた経緯はいうまでもない。
    この手の事は陶芸だけではなく他作りにあっては日常事。
    酸化膜を剥ぐ「硫酸」「塩酸」は金属と陶芸の共通項。
    ☆そこそこ慣れてくると。。
    例えばコンプレッサー等の上絵の具、釉薬の吹き付け作業。
    原料の調合。本来はマスクをするのは当たり前の事。

  • 水差しを仕掛ける。
    個人では昔から「茶道」は嫌いだ。
    「茶陶」は好き。
    ・・・で。
    つまずき易いのは「こうでなければ」の刷り込み。
    使う方、招かれた方。・・・そして広がる「気」の行き来。
    その狭間に表情を添える。

    ・・・では。

    続きはこちら »