2.jpg2.jpg

<link rel="alternate" href="http://blog.atelier-katsumi.com/feed/" type="application/rss+xml" title="rss2.0" />

rendez-vous

「Autumnal Fragments」
町村勝己展

日時  2017.11.24(金) - 12.3(日) 12:00 - 19:00 最終日のみ18:00まで
展示期間中無休
場所 pragmata 〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-3-3-3F  03-3297-6011
当アナウンス記事はこちら

「祝いの器・冬の華」

日時  2017.11.25(土) - 12.6(水) 10:00 - 17:00 木曜定休
場所 ギャラリー「間」成田 〒286-0035 千葉県成田市囲護台1150-24 TEL 0476-37-6010 [ch0]

日時  2017.12.9(土)- 12.17(日) 10:00 - 17:00
場所 ギャラリー「間」栗源 〒287-0105 千葉県香取市沢1055-1 TEL 0478-75-1080


  • カップ&ソーサー2
    この器でフルーツ入りヨーグルトを食す。
    ソーサー付きで朝食卓を賑わす。

  • スープ碗皿を化粧する。
    今回は少しねっとりの化粧土。


    しまう。
    水分を均一に。


    化粧掛け。
    くぐらせる「掛け」と「付き」について。
    「安南掛け」と「粉引」がある。
    素焼き生地に掛ける「安南掛け」
    生生地に、が「粉引」。
    薄着きさせる「安南」。
    生地を湿らせ薄溶き化粧をかける。
    又、生乾燥生地に掛けるタイプもある。
    生生地の「粉引」。
    何を狙うかで取り扱いが異なるものの、
    「付き」を意識した繊細な水分管理は必要だ。
    両者共通するは
    土との相性、生地との水分バランス。
    縮み率や濃度。「原料」による白さの違い。
    考えなければならない事が多い化粧土。
    釉薬の「さえ」に分かりやすく答える
    万能土である事は言うまでもない。

  • 碗皿に化粧する。
    トロトロの化粧土。
    アールに沿わせるに、このとろみ。

    細かな事は気にせずに。勢いを大切に。

    後にはみ出た化粧土を修正する。


  • 山桜。


  • 空に咲く。



  • ひとつのはな。