名称未設定-1.jpg名称未設定-1.jpgAtelier-9108.jpgAtelier-9108.jpg66.jpg66.jpg

  • 個展用「作り」終わり。
    ここから乾燥に入る。

    ・・・疲れた。


  • 乾燥時の歪みを見る。
    板物の作りは不変則に歪みがち。
    このまま焼成すると暴れてしまい形が崩れ易い。
    カップ、湯のみなどの焼き歪みは大抵
    轆轤削り時、口と畳み付きが「水平でない」事がきっかけ。
    角皿などの接地面チェック。
    使用するのは3センチ厚の鉄板。
    (「轆轤」がある場合はターンテーブルの上がよい)
    この上で「カタカタ」を見極め、凸部を修正する。

  • これは世に一つしかない品。

    ここに湯を張る。額を受け顔を蒸す。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    思いつきにぼくの顔が浮かんだそうだ。
    ここはこうで。。とジェスチャーを加えながらの説明。
    ・・・頼んだ相手が悪かった。遊ばせていただきます。

  • 削り土を即席に再生。

    水をまわす。そば打ちの要領だ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    この状態でねかす。

    即席につき粘りは乏しい。