名称未設定-1.jpg名称未設定-1.jpgAtelier-9108.jpgAtelier-9108.jpg66.jpg66.jpg

<link rel="alternate" href="http://blog.atelier-katsumi.com/feed/" type="application/rss+xml" title="rss2.0" />

redezvus

「陶芸家 町村勝己 展』2019.4.19(金)〜4.27(土)11:00〜17:00 休廊日 4.24(水)

うつわと古物 Galery-Le-Mani 千葉県市川市東菅野2-1-28



DMはこちら


  • つばき展沢山の来場大変ありがとうございました。
    春になり搬出を迎えられました。

    つばき(福島百合)譲り受け。これも縁。
    搬入時のうつわエピソードという宝になった。

  • 体調リズムが取れずフルーツ欲するような最近甘夏を多量に頂いた。
    皮をピール。実をジャムに仕立てる。

    ジャムの酸味をどう転がせば良いかは実の個性に合わせ調節が必要。
    シナモン合わせるとうまいトーストになる。

    ジャム。
    甜菜糖振り混ぜ一晩。
    浸透圧で上がったシロップごと
    焦がさぬよう煮詰める。

    ピール。
    はちみつと甜菜糖をまぶし火にかけからめる。
    皮しんなりで止め。好みのドライまで干す。

  • 行く着く覚醒。

    どの様な形であっても作り続ける事で余分な事柄が省かれ
    自分ならではの「かたち」に行き着ける事となる。

    形の安定化のみに満足するだけがものつくりではなく、
    本来の覚醒はその先にある時間の蓄積にある。
    いわば作家の感覚はさらに育ち続くという
    ものつくりの醍醐味にあたる。

    写真装飾はその時々の「感じ」を作り続けているパスタ皿。
    同形の基礎に施すこだわりというはなし。

  • 季節と共に。


    つるし雛

  • 搬入は庭の枝を選び切るところから始まった。
    ワゴン車いっぱいの椿。会期中多種の椿でお迎えです。

  • 椿の花というテーマで会場を埋め尽くす複数作家参加のグループ展。
    15点のみの参加となります。

    つばき展

    会期 2019.3.2(土)〜3.13(水)
    時間 10:00〜17:00 木曜日定休

    会場 ギャラリー「間」成田
    千葉県成田市囲護台1150-24 0476-37-6010