2.jpg2.jpg

<link rel="alternate" href="http://blog.atelier-katsumi.com/feed/" type="application/rss+xml" title="rss2.0" />

rendez-vous

「Autumnal Fragments」
町村勝己展

日時  2017.11.24(金) - 12.3(日) 12:00 - 19:00 最終日のみ18:00まで
展示期間中無休
場所 pragmata 〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-3-3-3F  03-3297-6011
当アナウンス記事はこちら

「祝いの器・冬の華」

日時  2017.11.25(土) - 12.6(水) 10:00 - 17:00 木曜定休
場所 ギャラリー「間」成田 〒286-0035 千葉県成田市囲護台1150-24 TEL 0476-37-6010 [ch0]

日時  2017.12.9(土)- 12.17(日) 10:00 - 17:00
場所 ギャラリー「間」栗源 〒287-0105 千葉県香取市沢1055-1 TEL 0478-75-1080

  • クレイカッターの塗装

    デバイダーを作り、弓のワイヤーを張り直すの巻。
    いつまでも美しい道具を持ち続けたいものだ。

  • これはモグラの活動跡。激しい季節となったものだ。

    共存のため振動で退避させる道具を地中に埋め
    嫌がらせをしなければならない。

  • 「心あたたまる時間」ぬくもりのうつわ3人展終了いたしました。
    沢山のお気持ち頂戴出来嬉しく思います。

    出会いを取り持ち頂けた「一草庵」。
    関わり持たせて頂けると嬉しいという気持ちに満たされます。
    いつものことながら仕事ぶりにも気持ち良く思います。

    オーダーはこの温もり感じながら作らせていただきます。
    重ねご来場いただきありがとうございました。

  • 新作プレートの展開。あと一型。
    現場はいつもモノトーン@土の色

  • もの作る想う時、土との距離感は
    離れている時と密な作業時、そう変わりはない。

    日常にどれだけ入り込んでいるのか
    という話でもあるのかもしれない。

    一つ一つ想いに寄り添うその距離感で
    作品と自分に深く深くアプローチできる。

    轆轤作業では違う。
    一つ一つに想い馳せるという事だけではなく
    ライブ感をもという調味加わる一つとなる。

    100あったら100のストーリー。そんな一つでありたい。
    ものを作る想う時は感ずるすべてが美しい。

    添付のムービーは作業時の轆轤。
    数と速度のタガ外した結果今のスタイルとリズムとなった。


  • 僕の器には仕掛けをしてある。
    程よい光沢を背景に素材色がしっとりと映る仕掛け。

    この器の語りかけに気付かれた方は
    きっと笑顔にんまりしてしまうはず。

  • 口辺アールに集まる光彩が
    カットフルーツを包み込み華やかにしてくれる。
    フルーツのみずみずしさに負けぬよう
    釉薬を擦り込み光沢ちらせたひとつ。