名称未設定-1.jpg名称未設定-1.jpgAtelier-9108.jpgAtelier-9108.jpg66.jpg66.jpg

  • 花生け
    糸巻ハコモノをつくる。

  • サンプルを作り、現物提案する。
    参考資料から好みを手繰り、瞼裏でesquisseが始まる。
    この仕事が軌道にのること願う。

    数展開に備え、とんぼをつくる。ヤスリで削り、瞬間接着剤。

    4グループ16展開。各グループラベル分け。

  • Kokedamaは日本だけのものではない。

    器を勧められ未開発領域でまずは制作。
    蘭を仕立てて見た。


  • 本体の歪み、重ね乗せるため耐重量の補強を試みる。
    目には触れない安心へ手を添える。

    後に付け足す脚もあり避けられない長軸の歪み。
    補強は土の性質に施すもの。柔軟に知識を施す。

    スープが主だったがしっかり管理しようと
    取り寄せて見た。

  • ドリッパー資料提供。生地制作用型紙つくり、図面起こし。
    圧縮された板土の組み立てであれば焼きに強くなる。
    形状はHARIOとKakita。サーバーを轆轤。 

  • Bose次に屋外作業用にANKER導入。低音域浅い。

  • 頭の中、edgeを配置。スパイスに影を背景とともに。

  • タイムラグある作品付属品制作。すり合わせを行う。
    記憶はアナログに写真で呼び起こす。

    現場写真を
    モノクロームプリントアウト。

  • ジューンベリー収獲。