名称未設定-1.jpg名称未設定-1.jpgAtelier-9108.jpgAtelier-9108.jpg66.jpg66.jpg

<link rel="alternate" href="http://blog.atelier-katsumi.com/feed/" type="application/rss+xml" title="rss2.0" />

redezvus

「陶芸家 町村勝己 展』2019.4.19(金)〜4.27(土)11:00〜17:00 休廊日 4.24(水)

うつわと古物 Galery-Le-Mani 千葉県市川市東菅野2-1-28



DMはこちら


  • 芽きゃべつ多く入手したので圧力鍋で煮る。
    カリフラワー、玉ねぎ、トマト、鶏モモ肉。ピン反応後12分ほど。
    きゃべつは崩れやすいのでもりつけには取り扱い要注意。

    身近でとっつきやすい器は碗形状の器。
    その大きさ、具材量によりレンゲをセットしても楽しめる。
    春には春の旬の食材を。

  • 大根を漬け口細の磁器に盛る。

    砂糖250。酢1/4カップ(ワインビネガー&バルサミコ)。
    塩少々。

    酢の量決め甘さを加減してゆく。
    パリパリ食感はそのまま漬け込み。
    しっとり食感は皮むき後1/4細を半日干す。

  • これはこんにゃくいも。
    草木灰の灰汁でアクを取り除く。が。

    さてどうなるか。
    続きはこちら »

  • 早い目覚めだったので細めの切り干しを仕掛けた。
    切り干しには口ぽってりと、少しの立ち上がりはアールが少々。
    さて器のてりは如何しようか。

  • 2ヶ月毎のCT検査は、その結果まで宣告を待つ様。

    一度絶命告知されそこから繋がり今がある。
    その境に思った事は「まだ生きるのか」だった。
    一度は死んだ。
    今はその、ちゃんと存在する生きる時間を愛しく、
    宣告と思えるほどその気持ちは回復している。
    まだ美しいものを見ていたいとも思っている。

    信じることは作る事が好きだという自分の意。
    そろそろ解き放ち自由に羽ばたくべきなのだろう。

    ひだまりを楽しみたいと思う
    アボカドサラダとバゲットの日。

  • ブロッコリーひと房、エリンギ2本、明太子2腹。
    下処理終えボウルに。パスタ100グラム。塩胡椒。
    3人前のパスタ完成。揉み海苔をトッピングし完成。

  • 乾燥に備えはちみつレモンを作る。

  • 年神様見守りください。

  • 仕上げは#60紙やすりと金剛砂研ぎ出し。
    土目潰し表情消さぬよう要注意の作業。

    大切なことは思いを伝えるという事。