2.jpg2.jpg

<link rel="alternate" href="http://blog.atelier-katsumi.com/feed/" type="application/rss+xml" title="rss2.0" />

rendez-vous

「Autumnal Fragments」
町村勝己展

日時  2017.11.24(金) - 12.3(日) 12:00 - 19:00 最終日のみ18:00まで
展示期間中無休
場所 pragmata 〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-3-3-3F  03-3297-6011
当アナウンス記事はこちら

「祝いの器・冬の華」

日時  2017.11.25(土) - 12.6(水) 10:00 - 17:00 木曜定休
場所 ギャラリー「間」成田 〒286-0035 千葉県成田市囲護台1150-24 TEL 0476-37-6010 [ch0]

日時  2017.12.9(土)- 12.17(日) 10:00 - 17:00
場所 ギャラリー「間」栗源 〒287-0105 千葉県香取市沢1055-1 TEL 0478-75-1080

  •  


    甘酒


    スープ


    ほうじ茶


    珈琲


  • 窯データ。
    温度、油量、圧の具合、時間など温度グラフとともに残している。

    何もない方眼へ温度ポイントが記されてゆく。

    この足跡が先々での焼き戦略の拠り所となる。
    毎回違う炉内環境。その環境を思い起こせる様、
    その日の出来事コメントが気圧と共、重要事項となる。

    倒れ具合のイラストはゼーゲル7、8、9。

  • 表面への釉薬のすり込み。
    凹みへ溜らせちら見せするための作業。

    あくまで作品の印象を積み重ねる
    イメージに近づけるためのエッセンス盛り。


  • ひたて作り交換

    やれやれと詰め終了。
    段取り組が成功し半日の空き確保。
    明日点火となる。


  • 棚をRFとCFの雰囲気読み、互い違いに組む、
    少し反った棚板もあり水平を取りながらの作業。

  • 生生地をギリギリまで養生した事が幸い。
    思っていたより乾燥が早く進み一気に素焼き。
    と。
    やれやれと仕舞い足先に引っ掛け植木の鉢を割る。
    良い進みであっても気を抜かないこと。