2.jpg2.jpg

<link rel="alternate" href="http://blog.atelier-katsumi.com/feed/" type="application/rss+xml" title="rss2.0" />

rendez-vous

「Autumnal Fragments」
町村勝己展

日時  2017.11.24(金) - 12.3(日) 12:00 - 19:00 最終日のみ18:00まで
展示期間中無休
場所 pragmata 〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-3-3-3F  03-3297-6011
当アナウンス記事はこちら

「祝いの器・冬の華」

日時  2017.11.25(土) - 12.6(水) 10:00 - 17:00 木曜定休
場所 ギャラリー「間」成田 〒286-0035 千葉県成田市囲護台1150-24 TEL 0476-37-6010 [ch0]

日時  2017.12.9(土)- 12.17(日) 10:00 - 17:00
場所 ギャラリー「間」栗源 〒287-0105 千葉県香取市沢1055-1 TEL 0478-75-1080

  • 雨の日には綾戸。
    朝から窯出しと窯メンテナンス。釉薬かけとおかげで捗る。

  • 本日の収穫。体調を見ながら作品養生もしながら進む。ここで切れては。

  • 先の粒マスタード。寝かせ味が馴染んだ様。
    しかしバルサミコマスタードは旨い。グレープを合わせて。
    スライスしただけだったがハムは細切が似合いそうだ。

  • DMが出来上がった。とても綺麗だ。

  • がん研有明病院での治療
    この病院へ行く様になり2年が経つ。
    医師への信頼はもちろんの事、看護師が与えてくれるサポートは
    何気ない言葉にも生き、この、病に対し高い意識ある環境は患者も前向きでいられる。

    病であることには変わらない。

    現状に様々と思う
    無神経な言葉投げかけられる生活環境に嫌気さす時がいまでもある。
    知る知らないだけの無知ということだけでない様に思う。

    病となり言葉に説得力なくなる事の様にも思え、
    またこの職業であるから余計にかもしれないとも思う。

    一つの方向しか見れないことゆえ
    人のせい他のせいに平気でできる
    この腐った環境はなんなのだろうかとも思う。

    ものつくりは清く美しい。
    もっと先の美しいものが見たくて仕方がない。

    がん研有明病院紹介と寄付の勧め
    下記リンクファイルは
    病院友の会入会案内と病院リーフレット。

    友の会へは定期的な寄付という考えで入会してる。
    また寄付に関し継続の仕方などその種類も多様で豊富。
    ネットより各手続きまで可能だ。

    友の会PDF
    どうして、がん研は寄付が必要なの?PDF
    私たちのことをもっと知ってください。PDF

    がん研友の会HP
    継続的に寄付をする