Blog of Ceramist Katsumi Machimura.jpgBlog of Ceramist Katsumi Machimura.jpg

<link rel="alternate" href="http://blog.atelier-katsumi.com/feed/" type="application/rss+xml" title="rss2.0" />

  • 擂鉢をと思い、目を立てる道具を作った。
    下敷きを円にカットし周囲をピンキング鋏で。

    擂鉢

    原型とされる形状は6世紀の遺跡から出土の須恵器。
    その形状は口狭く、高さあり、スカート高台。

    外国の擂鉢は、香辛料と食材の粉砕に特化している。
    日本では薬品用、食材用と大きく2分している。
    薬品擦る乳鉢乳棒。食材擂る陶器の擂鉢と擂粉木。

    製粉
    杵と臼が脱穀から精白、製粉までと幅広く担うが殻などが残ってしまう。
    更に穀物を研ぎ微細に粉砕する為、少ない櫛目の擂鉢が使われる。
    かつて擂鉢は擂粉鉢(すりこばち)、擂粉木は擂粉杵と呼ばれ、
    その名前からも製粉にかかせない道具だったとわかる。

    櫛目の進化
    鎌倉時代、製粉専用道具に石臼が使われ始め、
    室町時代から江戸時代には一般に広まるようになる。

    擂鉢は穀物以外を擂る道具となってゆく。
    この事で製粉時には少なかった櫛目は増えてゆく。
    鎌倉時代では数本。粉食が盛んになる室町時代後期、
    細かい櫛目が施され、江戸では現在の様、隙間ない櫛目となる。

    擂鉢の普及
    擂鉢の進化で料理が開花する室町時代。

    胡麻、胡桃など油分の多い木の実を細かく砕き
    白和え、胡麻和え、胡桃和え。魚の身をすり蒲鉾など
    なめらかな舌ざわりに仕上げる役を果たす。
    また粒味噌を擂り潰し、濾す味噌汁は、
    擂鉢の普及で広く食されることとなる。

    櫛目へ思い至るこのことこそがものつくりと思う。

    美しいことは深い所以ありながらも知られることなく
    道具としてこうして生き残っていることかもしれない。

  • 母の日は雨。
    都会に住んでいた家族時代に母は
    買い物ついでに近距離にあった大手デパートで
    カーネーションを自分で買ってきており。
    価格も跳ね上がるやらとその時代から何十年経ったことか。

  • 今年も季節になったのだな。

    オオヨシキリ雄は4月中旬に東南アジアから渡り,
    2週ほど遅れ渡ってくる雌を待つという。

  • 光免疫療法記事追記。

    アップデートするその知識や療法はその治験でわかるよう
    スピードは驚くほど激しい。

    以前記事をアップし療法についてのロジックは周知の通り。
    数年先には療法も定着しそのアイデアから「癌」そのものへの対応力も
    確実に多くなることと思える。

    以下はWebメディア『Mugendai(無限大)』のリンク3記事。

    ◉近赤外線を照射しがん細胞消滅

    ◉光免疫療法開始

    ◉転移がんも再発もなくなる究極の治療の実用化を目指して

     

  • 風が強く気圧により昼近く起床。
    ヤクルトとミルミルを飲みいつものように始まる。
    神棚に榊をと思い、剪定鋏を指で構え向かう。

    今年も元気なようだな。山法師。
    と挨拶が長くなり・・・。
    神具を見て思い出しもう一度と向かう。

    ヤマボウシ名は白い頭巾をかぶった山法師になぞられる。
    白い総包片と中央粒の花共に大きく育っていく。
    秋には実が赤く熟す。

  • ジンジャーシロップを手に入れた。
    炭酸水にだけでなくPizzelle生地にも入れ試食。

  • 気分転換に降雨前に植える。
    夏野菜ズッキーニ、胡瓜苗。
    他昨年絶命となったローズマリー、
    糸瓜がありグリーンカーテンに挑戦する。