96bc8fcc96a290dd92e8-1.jpg96bc8fcc96a290dd92e8-1.jpg

<link rel="alternate" href="http://blog.atelier-katsumi.com/feed/" type="application/rss+xml" title="rss2.0" />

  • 伊勢神宮神饌授。神気宿る授かりもの。ありがたくいただく

  • 白い息の中蝋梅が開花し始めた。

  • 昆布 梅 豆。と茶をいれる。
    邪気を祓うことができる縁起の良い福茶。
    健康長寿や無病息災を願う。

    と少しずつ春。

  • 神棚に授けた炒り豆下げ、柊鰯作り準備をする。

  • 立春。新年を迎える。その前に魔を退治せねば。

    炒り豆で鬼を射るという語呂合わせというこの福豆。
    今年は自作。豆を入れ神棚に供え節分に備える。

  • e-Tax移行と思い昨年からの環境作りは、続きの確定申告。
    カード申請後長く間に合わずに終わった昨年。
    やっと環境は整ったものの、書類管理のアナログ作業に変わりない。
    と途方にくれコーヒー時間が多くなる毎日。

    カップとの因み。
    「mug」 取っ手付きの比較的大きい容器のこと。
    mug ≓ cup。「mug cup」は重言で蛇足。

  • 賛助出品のために小物構成を試みた。
    伝えたいことと後進を引き立てる仕掛けでもあるため。
    アイキャッチに御箸台風箸置きを効かせた。
    この膳でイメージ遊びをして頂き、後に置くキャプションへ導く。
    箸は清く和紙に落款し結んだ。

    作品つくりと環境はひと昔とでは大きく異なる。
    一つの方向だけではことが限られ、
    何が転がり何に導かれるか分からない。

    いつまでも信念を持ち胸を張り生きていきたいものだ。