名称未設定-1.jpg名称未設定-1.jpg

  • 癌とわかり三年が経つ。

  • ここは二本松寺 あじさいの杜。
    40000㎡の境内に100種類10000株のあじさいが咲く。

    本尊は秘仏薬師如来。

  • 参加したクラウドファンディング
    「庭園いろどりプロジェクト」

    さて以前よりお知らせしているこれら寄付金。
    下記のよう税制上で優遇措置が図られ、
    個人経営者の方は確定申告で優遇となります。

    無理しないよう何か出来る事として
    社会貢献にも繋がる実として研究費になればと
    少額ずつ寄付をしています。

    寄付をすることでアンテナも広がることと思います。

    「寄付の勧め」

  • 光免疫療法記事追記。

    アップデートするその知識や療法はその治験でわかるよう
    スピードは驚くほど激しい。

    以前記事をアップし療法についてのロジックは周知の通り。
    数年先には療法も定着しそのアイデアから「癌」そのものへの対応力も
    確実に多くなることと思える。

    以下はWebメディア『Mugendai(無限大)』のリンク3記事。

    ◉近赤外線を照射しがん細胞消滅

    ◉光免疫療法開始

    ◉転移がんも再発もなくなる究極の治療の実用化を目指して

     

  • 金目鯛をいただいた。
    元気になって欲しくと言う言葉はとても嬉しい。
    ありがとうございます。

    いただいた魚を調理しながら色々と思う。

  • 治療続けながらも新薬治験の話、認可などと
    その速度ある医療の進歩を体感出来ているという不思議な感覚もある。

    この3月、新たな療法「光免疫療法」の治験が日本で始まった。

    この療法は今後の主軸となるとさえ思える程で
    今までの毒で制すと言う療法とはその考え方、アプローチ異なり斬新でシンプルだ。
    その環境作りはその特徴から先10年で確立できるだろうと言われる。

    手術療法・化学療法・放射線療法・免疫療法とある療法。
    新たな療法が加わるわけだがここからの進歩の枝が緻密に広がり
    より多くの患者のハートまで届くことを願うばかりだ。

    癌という病になり環境に慣れていてもその進歩の速さには驚くばかり。
    ここに、この光免疫療法のまとめたweb記事がある。
    知ってほしいと思う。このフレッシュで斬新な療法。

    光免疫療法ストーリー.pdf
    治験開始.pdf
    光免疫療法.pdf

    元記事はこちらより。

    抗がん剤治療はその副作用として
    健康な細胞を殺し体の抵抗力(免疫力)を奪う。

    感染しやすくなるという事は見えない事態だけにとても恐怖であり、
    細胞であることを思い知る。

    もっとも恐ろしい事は何も意識がない、感じられない方がいると言う事。
    室内での咳、口に触れるかもしれない物への意識の低さ。
    言葉もそうだがこの「悪気はない」。

    このことが一番の病なのかもと思う。
    癌に限った事でないだけにかなり衝撃大きく深く効く。

  • 雪の日の通院。
    事前の天候チェックで前夜、
    近辺ホテルへチェックイン。

    当日大雪警報の中、診察と治療。
    信頼ある担当医師の心使いでスムーズに進められ、
    細やかなサポートの看護師と。
    チームの些細な言葉と優しい気持ちに温まる。

    帰路。
    特急は早々に運休。
    綱渡りの乗り継ぎしながらのこととなった。

    やれやれな帰宅となる一日となるものの
    働く日本は翌日にはまたこのラッシュ。

    思うと元気もらえる一日でもあった。

  • がん研有明病院での治療
    この病院へ行く様になり2年が経つ。
    医師への信頼はもちろんの事、看護師が与えてくれるサポートは
    何気ない言葉にも生き、この、病に対し高い意識ある環境は患者も前向きでいられる。

    病であることには変わらない。

    現状に様々と思う
    無神経な言葉投げかけられる生活環境に嫌気さす時がいまでもある。
    知る知らないだけの無知ということだけでない様に思う。

    病となり言葉に説得力なくなる事の様にも思え、
    またこの職業であるから余計にかもしれないとも思う。

    一つの方向しか見れないことゆえ
    人のせい他のせいに平気でできる
    この腐った環境はなんなのだろうかとも思う。

    ものつくりは清く美しい。
    もっと先の美しいものが見たくて仕方がない。

    がん研有明病院紹介と寄付の勧め
    下記リンクファイルは
    病院友の会入会案内と病院リーフレット。

    友の会へは定期的な寄付という考えで入会してる。
    また寄付に関し継続の仕方などその種類も多様で豊富。
    ネットより各手続きまで可能だ。

    友の会PDF
    どうして、がん研は寄付が必要なの?PDF
    私たちのことをもっと知ってください。PDF

    がん研友の会HP
    継続的に寄付をする

  • 2年が経つ。
    花と茶をいただいた。
    こんなにも濃密な時間あるのだな。